XBOXのスペックを解説します

XBOXが日本で発売されたのは2002年です。
高性能なゲーム機としてのゲーム業界へのデビューでありました。
搭載されていたCPUはクロック周波数が733MHzです。
この性能は当時としては一般的なノートパソコンと同等であります。
ノートパソコンが20万円ほどの価格だったのに対して、XBOXは初期は34,800円でした。
そうなのでコンピュータとしては破格の性能を持っていたのです。
パソコンとゲーム機を一概に比べることは出来ませんが、ゲームをするという観点から見れば充実した性能を有していました。
搭載されていたハードディスクは8ギガバイトでした。
これにゲームソフトをインストールすることは出来ませんでした。
しかし、音楽をCDから取り込むことは可能だったのです。
取り込んだ音楽データをゲームの中で流すことが出来るという機能があり、それによって遊び慣れたゲームソフトでも新鮮な気持ちで遊ぶことが可能でした。
DVD再生をすることも出来たので、DVDプレーヤーとしても利用する事が出来ます。
高性能かつ多機能なXBOXはその個性で人気を獲得しました。

CopyrightXBOX All Rights Reserved.

XBOX